AGA治療薬のプロペシアの特徴について

  • ヘルパーと言う介護職のメリットについて

    • ヘルパーとは現在ではその名称としては存在してませんが、もともとは訪問介護員を意味する介護職の資格です。現在では介護職員初任者研修と言う名称に変更しています。

      介護サービスが限定的であった頃は、ヘルパーの活躍する現場は訪問介護が主でしたが、現在では入居系や通所系の介護施設でも多くのヘルパーや介護職員初任者研修修了者が働いています。
      しかし訪問介護の重要性は昔も今も変わりがありません。
      国は今後の介護方針として、医療費や介護費用を抑制するため、住み慣れた地域や自宅で必要な医療、介護サービスを受けてもらうことを重視していますから、むしろ訪問介護の需要はますます高くなることが予想されます。

      ですから訪問介護の場で、ヘルパーとして働く人の確保は国にとっても重要な課題だと言えます。


      訪問介護では介護度が重い人に対しては生活動作への介護が含まれていますが、そうでない人に対しては調理や掃除と言った家事支援提供が主になることも少なくありません。

      そのため介護職員初任者研修の資格を取ったばかりで、介護職に就くのが初めてと言う人でも、家事が得意な人、長年、家事を行ってきた人であれば業務に慣れやすいと言うメリットがあります。


      また施設などに比べて、働く時間に融通がききやすいのもメリットと言えます。

      これは24時間1年中介護サービスを提供し続けなければならない施設などとは異なり、訪問介護は、必要な時に、必要な時間分だけ、必要な介護を提供しに行くと言うシステムのためです。
      1日の内1時間だけと言う働き方でも、その時間にサービスを必要としている人のもとを訪れ、必要なサービスを提供すると言う働き方ができるため、家事や育児などに忙しいと言う方でも比較的、働きやすい介護職のひとつだと言えます。私は訪問介護事業所でヘルパーとして働いています。


      現在、3年目になります。ヘルパーの仕事は、高齢者宅を訪問して、食事作りや介助、入浴介助、排泄介助、買い物同行など、生活援助や身体援助を行います。


      私がヘルパーの資格を取得したきっかけは、義理の母の介護をしなければならなかったからです。

      母は5年ほど前に脳梗塞で病院に運ばれ、後遺症で左側の麻痺が残りました。


      そのため、急に介護が必要になったのですが、私には介護に関しての知識がまるでなくどうしてよいのか全く分かりませんでした。まず介護保険がどのようなものか分からず、市役所に問い合わせるところから始まりました。
      そのおかげで現在母はいいケアマネージャーとも出会い、週3日はデイサービスに通って、麻痺はありながらも楽しく過ごすことができています。
      私も友人の勧めで3年前にヘルパー2級の資格講座を受講し、資格を取得することができました。


      取得まで4か月ほどかかりました。
      内容は講義が3か月と1か月の実習でした。実習は在宅訪問へ同行したり、高齢者施設へ行って援助をしましたが、始めは高齢者と触れ合う経験もなかったため非常に戸惑いました。しかし、実習先の介護士の方々が丁寧に指導してくれたおかげで無事に施設実習も終えることができました。

      資格を取った後はすぐに訪問介護事業所にヘルパーの登録をして、働きたいときに自由に働けるように設定しました。現在は母がデイサービスに言っている間に一日6時間ほど訪問に回っています。


      時給も高く、空いた時間に仕事をすることができるのでとても楽しく仕事をすることができます。

      もし、同じような境遇の方がいたならば、ぜひ訪問介護の仕事をおすすめしたいです。

      渋谷のしわのことならこちらのサイトにお任せください。

      大阪のわきがの評判情報を多数ご用意したサイトです。

      東京での歯科の知りたかった情報がきっと見つかります。

      梅田で肝臓の役立つ情報をお探しの方にお勧めです。

      今、最も注目を集める武蔵中原の歯医者についての知識を高めてもらうためのサイトです。

      http://news.mynavi.jp/news/2016/02/05/053/

      http://matome.naver.jp/odai/2140231920138870201

      http://girlschannel.net/topics/936867/

  • 関連リンク